乾式洋瓦の塗装 (モニエル・スカンジア)

2021年1月11日更新

乾式洋瓦の塗装について

「外壁塗装 広島」では乾式洋瓦の塗装工事も行います。

時々、塗装の職人さんでしたら区別はつくと思いますが、乾式洋瓦とセメント瓦の区別がついていない営業の方がいらっしゃいます。

乾式洋瓦とは、セメントと骨材を混合したものを成形し着色セメントスラリーを塗装した瓦です。

形状も和形、洋型、S型などの種類がございます。

商品名では、モニエル瓦、スカンジア瓦などがございますが、広島の塗装屋さんは乾式洋瓦の事をモニエル瓦と呼ばれる業者さんが多いです。

また、業者さんによってはトラブルが多いとの事で乾式洋瓦の塗り替えを行わず洗浄のみの業者さんもいらっしゃいました。

確かに乾式洋瓦の塗装は難しいと言われておりますが、基本を守りスラリー層の事を理解できれば塗装が可能です。

塗装前に脆弱なスラリー層を除去します。除去方法は研磨しながら高圧洗浄を行うのが効率的です。

高圧洗浄機のノズルも回転式ノズルを使用するのが効果的です。

トラブルとしては脆弱なスラリー層をしっかりと除去していない為の塗膜剥離トラブルが多い様に思います。

実際にご相談があったお家の屋根です。

訪問販売の業者様で塗装を行い3年位したら剥がれが目立ってきたとの事です。↓の写真

ここまで酷く剥離しているのはあまり見かけません。

また、乾式洋瓦とセメント瓦を間違えて塗装した場合もこのように剥がれが出てくる恐れがございます。

上記写真の屋根のように剥がれた場合、隔離している旧塗膜を除去する必要があり工事金額も増す場合があります。

シッカリと洗浄後スラリー層を強化するプライマーを屋根が飴色になるまで塗布していき、その後屋根用塗料で塗装を行いしっかり塗膜を付けていきます。

オススメの下塗り材は「ミズタニペイント」のスラリー強化プライマー

と「アステックペイント」のモニエルパワープライマーです。

また、「オリエンタル塗料」はプライマーレスで実績のある乾式洋瓦用塗料がございます。ただし下地の痛みが多い場合は下塗り材の塗布を推奨いたします。

乾式洋瓦の塗装工事をお考えの方は、「外壁塗装 広島」にお気軽にご相談下さい。


広島県広島市・廿日市市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

SUCCEED株式会社

https://e-tosou.info/
住所:

お問い合わせ窓口:0120-439-410
(9:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:広島県広島市・廿日市市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://e-tosou.info/case/
お客様の声 https://e-tosou.info/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://e-tosou.info/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://e-tosou.info/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 屋根瓦葺技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 職長衛生管理士
  • 足場の組立作業責任者
  • 危険物取り扱い者
  • ゴンドラ作業技能講習終了
  • 雨漏り検診アドバイザー
  • 他、多数