コーキングについて(シーリング)

2021年12月29日更新

コーキングについて

コーキングは隙間を埋めると意味になっています。建物が老朽化していった場合に隙間ができてしまったり、ヒビが入ってしまったります。その場合に行う作業のことを言います。コーキングに使う材料は樹脂などで、シリコン系の場合は耐熱性・耐水性・耐久性に優れています。バスルームやキッチンなどに使われることが多いです。その場合は汚染防止処理が必要になります。ウレタン系の場合は硬化後にゴム弾力性が備わって高い耐久性がありますが紫外線に弱いので塗装が必須になります。ポリウレタン系は耐熱性・耐水性・耐久性が低くなっています。

外壁とコーキング

緩衝について

外壁は常に外で起きる振動や熱、水にさらされています。そのためダメージを受けている状態になっています。外壁材の継ぎ目に充填されたコーキングは柔らかくて伸縮性があるので緩衝材として衝撃を吸収しています。

防水について

雨水に対する建物の耐久力を担ってくれるのもコーキングになります。コーキングは雨水が外壁の内側に侵入して建物の内部を腐らせないために保護する役目をもっています。

補修について

サイディング(人工の外壁材)にひびが入ったときは補修のためにコーキングが使用されます。コーキングが劣化してしまった場合は保護力も低くなるため危険なので早めの補修が必要です。

外壁コーキングのメンテナンス

増し打ち工法

古いコーキング剤を継ぎ目に残して上から新しいコーキングを補填する工法になります。費用は安くすみますが、コーキングに劣化がある場合は増し打ち方法をしても意味がなくなります。

打ち換え工法

古いコーキングを完全に取り除いて、新しいコーキングを充填します。増し打ち工法にない撤去・清掃・プライマーの塗布というような手がかかり、高額になります。しかし増し打ちよりも防水性が高まります。そのため打ち換え工法のほうがおすすめです。

コーキングの交換時期とは

コーキングを点検してみてひびが割れていたり、隙間ができていたり、ハガレなどがあるときは交換時期になっていることがわかります。コーキングの工事をすればよいかどうか迷ってしまうときには外壁の無料診断をしてくれる業者に依頼してみてください。外壁診断士、外壁アドバイザーなどの有資格者がいる業者をさがすようにしましょう。口コミなどを見ながら、費用の面や作業などを重視して信頼できるところを選んでおくことがおすすめです。弊社では広島のお客様限定ですが外壁屋根無料診断ができます。


広島県広島市・廿日市市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

SUCCEED株式会社

https://e-tosou.info/
住所:

お問い合わせ窓口:0120-439-410
(9:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:広島県広島市・廿日市市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://e-tosou.info/case/
お客様の声 https://e-tosou.info/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://e-tosou.info/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://e-tosou.info/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 屋根瓦葺技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 職長衛生管理士
  • 足場の組立作業責任者
  • 危険物取り扱い者
  • ゴンドラ作業技能講習終了
  • 雨漏り検診アドバイザー
  • 他、多数